1/15 歳の神 どんど焼き

  • 2012.01.16 Monday
  • 22:16
IMGP5388.jpg

1/14や15は松代各所でどんど焼きが行われたと思います。

自分は蓬平集落のどんど焼きに参加です。
 IMGP5379.jpg

秋に刈った萱などを運び、朝からみんなで準備します。

IMGP5393.jpg

区長さんの挨拶が終わるとその年の年男、年女の人の手によって火がつけられます。

IMGP5399.jpg

火がつくと、炎を囲んでお酒や甘酒を飲みながら火で炙ったイカを食べます。

長野の自分の父親の実家では団子を焼いていたのでこの辺が地域の違いですね。

IMGP5401.jpg

激しく降る雪の中、火を囲み一杯やりながら集落の人たちとおしゃべりをしながら時が流れます。

IMGP5386.jpg

どんど焼きを知っている人は多いかもしれませんが、民族学的に言えば色々な意味があると思います。

ただ、地域に伝わるその本当意味を細かく知っている人はいないのではないかと思います。
それでも、このお祭りが続いている理由は参加するとよくわかります。

集落みんなで集まって、みんなの顔を見て、正月飾りや書初めなどを一緒に燃やし、一杯飲んで、今年の集落みんなの無病息災を願うことそれだけで充分なんです。

正月気分を一蹴し、みんなで同じ炎をみながら同じことを思う。

とても素晴らしいことだと思います。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

訪問者数

ブログパーツUL5

つぶやき

今日の一枚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM